2周年祭 レポート

概要

2周年記念祭

2015年 9月 27日

 

オープンから丸2年を越え、3年目に突入した富山KINGSのお客様感謝イベントデイ。

 

開催当日は朝は雨が軽くぱらつきましたが途中から雨も上がり、午後は快晴の中イベントは進行していきました。

一日3セッションの中で大中小のキッカーを貸切り、コンテストを開きました。

第1セッション スモールキッカー オーリーコンテスト

参加者の面々

スタート位置風景

設置されたオーリーバーをジャンプしながらくぐり続ける競技。

マットに書いてある赤線を越えなければ行けない為に、

いかに地を這うようなグラウンダーの軌道で飛ぶかがポイント。

ローオーリーコンテスト

優勝

和泉 寛子

 

二位

中村 大輔

 

三位

佐賀 翔大

設置されたオーリーバーをジャンプしながら飛び越える競技。

着地の可否もジャッジポイントに入る為、高さと正確なオーリーが必要となります。

ハイオーリーコンテスト

女子はハンデで一段低く

余裕のある人はスタイルを出しつつクリア

脱落者の面々が最後まで見守る中、ジャッジ谷田部 均(ROME)も悩んでました。

女子、子供部門

 

優勝

渡部 陸斗

 

男女全体

 

優勝

安東 央登

 

二位

島田 卓弥

 

三位

稲垣 翔平

第2セッション ミドルキッカー 耐久ポイントレース

セッション時間全てを使い、ひたすら飛び続けながら下記ポイント表にある特点を積み重ねていく競技。

カート使用禁止、ランディング失敗した技は0点というシビアなルールでやる体力勝負。大技で高得点を狙うか、低回転で地道に特典を稼ぐか、休憩の取り方等、戦略が必要になります。

得点早見表

ハイクで疲れても並びで休憩をとる参加者

第2セッションと言うと昼間から夕方までの長丁場。

その長丁場をカート無しでハイクし続けると言う夜に飲むビールがとても美味しくなりそうな種目。

ベストトリック賞

 

FS540トゥイーク

島田 卓弥

優勝

村瀬 心椛

 

二位

長谷川 帝勝

 

三位

稲垣 翔平

オフトレ施設だけではなく、スノーボード業界で今や賞金総額最高額を誇る大会

「KING OF KINGS」

全国にある各KINGS施設で予選会を行い、2015年は千葉KINGSにて全国大会を行う。招待選手に世界最高峰スロープスタイラー・角野友基はじめスロープスタイルシーンでは世界レベルのライダー陣が勢揃いする。

 

世界トップレベルの選手と本気で勝負が出来、優勝者は賞金100万円。

一般スノーボーダーにとっても夢のある大会。

 

 

こちらのレポートは下の動画でご覧下さい。

第3セッション ビッグキッカー 

          KING OF KINGS 2015 富山予選会 

上位三位の入賞者は

千葉KINGS本戦の出場権と千葉までの交通費(4万円)、来年度も使用出来る1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月の長期パスを贈呈。

優勝

大久保 勇利

 

二位

大村 優生

 

三位

大橋 陸飛

抽選会など

2周年を記念して当日から富山KINGSオリジナルのスウェットトレーナーを販売。

 

現在も受付にて販売中。

 

沢山協賛いただいた抽選品。

 

協賛メーカー・ショップ

 

BURTON
GSM(BILLABONG,VONZIPPER)
HASCO(ROME,CELTEK)
JENNY
MURASAKI SPORTS金沢フォーラス店
MURASAKI SPORTS高岡店
OGASAKA
RAMPJACK
YONEX

  ※アルファベット順

 

総数を見ても参加者は何点か、何かしら当たると言う豪華状況でした。

それとは別に、目玉商品としてムラサキスポーツとYONEXよりスノーボードをじゃんけん大会で全員で奪い合いしてもらいました。

 

 

以上で無事2周年祭は無事に終了。

とてもいい雰囲気でイベントは進行したと思います!!

 

そして、2年という年月が迎えられたのもご利用者様のおかげです!

3年目のこの一年間はまた新たな気持ちで行きます!!

 

 

今後も3年5年10年と、富山KINGSが皆様にご愛顧いただけるよう、施設作りを頑張っていきたいと思います!

 

 

これからも富山KINGSを宜しくお願い致します!!